モットン除湿シートは日本人なら使うべきです

「モットン」が暑いと感じたなら、除湿シートを使うのは非常に有効ですが、実は「モットン」には専用の除湿シートがあるのをご存知ですか?

「モットン」は、夏場になるとマットレスが体にフィットして密着する分、暑くて寝苦しいという意見もあ多数あるようです。

そこで活躍してくれるのが除湿シートです。一般的にも除湿シートは販売されているのでそちらをお使いいただくのも良いでしょう。

ただ、「モットン」には専用の除湿シート「モットン除湿シート」(そのまんまですね笑)がありますので、非常にオススメです。

どんな除湿シート?

では、どんな除湿シートなのか特徴をみていきます。

①圧倒的な吸湿能力を誇るベルオアシスを30%も使用

ベルオアシスとは、TEIJINで開発された吸湿に特化した新繊維です。
同じように吸湿能力のあるコットンの約7倍
シリカゲル(お菓子などに使われる乾燥剤)と比較しても、約2〜3倍の湿気を吸い取ることができるそうです。

左:吸水前                       右:吸水後

見た目だけでもどれほど吸湿能力が優れているかがわかります。

②塩分を含む汗もしっかり吸収

睡眠中にかく寝汗は純粋な水ではなく、汗なのでもちろん塩分も含まれています。いくら吸湿能力に長けていても塩分を含む汗を吸収できなければ寝具の下に敷く除湿シートとしては効果がありません。
ベルオアシスはこの塩分を含む汗も問題なく吸収することができるようです。

③優れた消臭性能

汗などをしっかり吸収してくれることによる、皮脂の匂いや加齢臭などが心配されますが、ベルオアシスはアンモニアに対しても消臭性が非常に強く、これらの臭いも気にならなくなります。

④優れた耐久性と耐熱性

ベルオアシスは吸水・吸湿の繰り返しや天日干しによる吸水性能の低下が見られわません。 また、さまざまな化学物質(アセトン、ベンゼン、アルコール等)を吸収しても性能が落ちない耐久性もあります。
耐熱性は、なんと150℃以上あり、熱による吸水・吸湿性能の低下も見られないという驚きの性能を誇ります。

これらの特徴により、夜中に湿気や熱がこもり暑くて寝苦しいという問題点を解決してくれるでしょう。

他の除湿シートと比較してみました

① すのこ  VS  モットン除湿シート

価格は、すのこは安い物から高いものまでピンきりなので互角ということにしましょう。

すのこは非常に通気性に優れていますが、すのこは木なので湿気を吸っても放湿が優れているわけではないので、カビてしまうことも多いのようです。吸放湿性に関して言えばモットン除湿シートの方が優れていると言えます。

耐久性に関しても、湿ってカビた木はもろくなってしまうので、モットン除湿シートが優れています。

②モットン除湿シートVSシリカゲル除湿シート

価格は、シリカゲル除湿シートは安いもので1,000円程度、高くても5,000円程度なのでこちらのほうが安いと言えます。

吸放湿性は、モットン除湿シートに使われるベルオアシスはシリカゲルの2〜3倍の吸放湿性を誇りますので、モットン除湿シートの方が優れています。

耐久性も、シリカゲルは洗ったり天日干ししたりすることで性能が落ちてしまいますが、モットン除湿シートは何度洗って干しても性能が落ちることはありませんのでこちらの方が優れています。

③モットン除湿シートVS他社製のベルオアシス除湿シート

価格は、他社製もまた安めのものから高いものまでありますので、互角ということにしましょう。

吸放湿性は、素材は同じベルオアシスですが、モットン除湿シートの方がベルオアシスを多く使用していますので、こちらの方が優れています。

耐久性に関しても同じことが言えますので、モットン除湿シートの方が優れているでしょう。

以上の結果モットン除湿シートが最も優れているということがわかりました。

カビやダニの抑制効果も抜群

マットレスを使用する上で、長く使っていると多くの人が抱えてしまう問題がカビやダニの発生ではないでしょうか。

日本に住んでいる以上、カビやダニは対策を取らなければならない宿命にあると思います。

カビは湿度が60%を超えると急激に活動が活発になり繁殖しやすくなると言われています。ダニも同程度で活発になるそうです。

日本には梅雨があり、夏場になってもジメジメと湿度が高くなります。冬場でも結露により湿度が高くなるところもあります。
さらに人は寝ている間にコップ1〜2杯程の汗をかきます。よって日本での睡眠時のマットレスなどの寝具においては湿度が60%を超えるのは容易なことなのです。

そこで、またモットン除湿シートが活躍することになります

先に述べているように、モットン除湿シートに使われているベルオアシスは 、吸湿能力が非常に優れているので、除湿シートを敷くだけで手軽にカビやダニの発生を抑えることができるのです。

このように一年中睡眠時において除湿は不可欠になるので、「モットン」をお使いになられるのなら、除湿シートも一緒使用されると文句なしで毎日さらさらで気持ちのいい睡眠が約束されるでしょう。

サイズは?

サイズは以下の3種類から選ぶことができます。

シングルサイズ
長さ:180cm ,幅:90cm

セミダブルサイズ
長さ:180cm ,幅:110cm

ダブルサイズ
長さ:180cm ,幅:130cm

「モットン」本体のサイズよりも一回り小さく設計されているようです。

価格は?

シングルサイズ    :  7,500円

セミダブルサイズ  :   8,500円

ダブルサイズ  :  9,500円

やや値段は張りますが、長期間使用できることと、トップクラスの吸湿能力だということを考えるとけっして高過ぎることはないと思います。





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です