「モットン」は今使っているベッドの上に敷いても大丈夫?

「モットン」は、今使っているベッドの上に敷いて使っても、より快適な寝心地になります。

私が一番オススメするのは、すのこタイプのベッドフレームに直に「モットン」を敷くパターンです。

詳しくはこちら

ただ、今まで使ってきたベッドの上に「モットン」を敷くことが良くないということは決してありません。腰痛改善の効果も十分得ることができます。

・今まで使ってきたベッドに愛着がある

・ベッドを購入してそれほど日にちが経っていない

・ベッドを捨てるのが大変

・今使っているベットはいい値段がしたので捨てるのがもったいない

こういう方も、もちろんいると思いますが、捨てる必要は全くありません。そのまま今まで使ってきたベッドを活用しましょう。

実際に、ベッドの上に「モットン」を敷いて使用しても

・最初は下のベッドの影響か弾む感じがして少し違和感があるが、すぐに慣れて入眠には問題なかった

・寝返りも問題なくスムーズにできた

・以前より寝心地は格段に良くなった

などの意見もけっこうあるようです。

ベッドの上に「モットン」を敷くメリット

1.腰痛の改善も十分期待できる

感覚的には直に「モットン」に寝るのと違いはあまり感じないので、十分に腰痛改善効果を得ることができる思います。

腰痛改善についての詳細はこちら

2.予備のマットレスとして使用できる

ベッドの上に敷く場合、もちろん「モットン」だけを取って移動させることができるので、友人や知り合いが急に泊まりに来るということがあっても、押入れに余分に布団を用意せずとも予備のマットレスとして使うこともできますのでけっこう便利です。

3.やはりベッドを処分しなくていいのは大きい

今使っているベットを処分するとなると

・粗大ゴミとして出すにしても、一般廃棄していいのか確認しなければならない

・粗大ゴミとしての料金がかかる

・重いので運ぶのが大変

・自分で処理場に持っていく場合でも、普通の車では載せられない

など、いろんな労力がかかってしまいます。

処分しなくても寝心地が改善されるならそれに越したことはないのです。

4.ベッドの高さが増すので起床時に立ち上がりやすい

ベッドの上に「モットン」を敷くと、だいたい高さが50cmを越えることが多いです。けっこうな高さになり、最初はやや威圧感を感じこともあるかもしれませんが、裏を返せば、腰痛持ちの方や高齢の方、膝が痛いという方にとって、朝起きるときに低いところから立ち上がるよりも楽に立ち上がることができます。

注意点

今使っているベッドがかなりヘタっている場合、上に敷いた「モットン」もヘタりやすくなる可能性がありますので最初に確認しておいた方がいいでしょう。

また、高さが出る分小さいお子さんと一緒に寝るという方は、ベッドから落ちないように注意する必要があります。

もしどうしても満足できなかったという場合は返品ができますので、迷っている方はとりあえず試しに購入してみましょう。損はないはずです。

返品についてはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です