「モットン」はすごいスポーツ選手が使っています。

「モットン」は元有名スポーツ選手も使っているんです。プロ野球では、伝説となっているとてつもない成績を残した選手です。

「モットン」の他に高反発マットレスで代表されるもう1つのブランドのマニフレックスでは、海外リーグで活躍しているサッカー日本代表の香川真司選手が使っていることで有名です。やはり、有名なスポーツ選手が使っていると信憑性や説得力がありますよね?

では、「モットン」も有名なスポーツ選手が使っていないのか気になるところです。

誰が使っているのかというと、元プロ野球選手で現在解説などをしている山本昌投手が使っています。

知っている方はこの選手の凄さが分かるかと思いますが、「もうプロを引退した人なのかぁ」とちょっと首をかしげた方、山本昌投手はもはやレジェンドと呼ぶべきすごい記録を打ち立てた選手なんです。

山本昌投手のすごい記録

・最多勝3回

1シーズンで最も勝ち数が多い投手に与えられる。

・沢村賞1回

①登板試合数25試合以上(1シーズンを通してケガをせず安定した成績を残さなければ到達しません)
②完投試合数10試合以上(9回全て1人で投げきって勝利した試合数)
③勝利数15勝以上(10勝すればプロでは一流の投手と言われます)
④勝率6割以上
⑤投球回数200イニング以上(25試合登板したとすると平均8回以上投げなければ達成できません)
⑥奪三振150個以上(25試合登板したとすると平均6個以上三振をとらなければなりません)
⑦防御率2.50以下(1試合平均で2.5点しかとられない投手ということ)

以上の7つの厳しい条件を達成しなければ与えられないので、必ず毎年受賞者が出るわけではないすごい賞なのです。

・41歳でノーヒットノーラン達成

1試合で1度もヒットを打たれずに勝利したということ。プロ野球で数年に1度あるかないかという記録を通常衰えにより引退するような41歳という年齢での達成はもちろん史上最年長の記録です。

・プロ通算219勝

プロ通算200勝を達成すると名球会に入ることができる。プロ野球の長い歴史で、過去24人しか達成できていません。ちなみに現役、2017年時点の投手で200勝を達成できそうな選手はいません。

 

・現役最長の32年、50歳まで現役だった

この記録がレジェンドの所以です。通常30代、長くても40代前半で引退する選手が大半を占める中、50歳まで現役というのは超人としか言いようがありません。

なぜ山本投手は「モットン」を使っていたのか

山本昌投手の証言

公式サイトから引用

やはりプロ野球の投手が長く第一線で活躍するにはいかに肩や腰を痛めずにやっていくかというところだと思います。

そこで「モットン」は腰痛対策マットレスとして販売されていますので、選んで試されたのだと思います。50歳まで現役でやれたのは「モットン」を使っていたというのも大きな要因でしょう。

このような体の細かいところまで気を配って体を維持しなければならなかった伝説の選手が使っていたというのは、非常に説得力がありますね。

 

「モットン」は腰痛に悩んでいる人だけが使うものではない

証言からも分かるように、山本昌投手は「モットン」を腰痛の予防として重宝されていたようです。

実は、「モットン」は腰痛で悩んでいる方が使用するような印象がありますが、山本昌投手のように長く腰を痛めずにやっていけるように、予防として使用することもできるということなのです。

山本昌投手はこのことを偉大な記録を残すことによって証明してくれたのです。

「めりーさんの高反発枕」も併用している

枕に関しても、山本昌投手はこだわっていて、「モットン」と同じ会社で製造されている「めりーさんの高反発枕」を愛用されています。

この枕を「モットン」と併用することで、腰痛に加え、肩や頸のコリ、痛みの対策にもなりますので、非常にオススメです。

「めりーさんの高反発枕」詳しくはこちら

このように「モットン」も「めりーさんの高反発枕」も伝説の投手のお墨付きですので、安心して使っていただけると思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です