「モットン」にも悪評が存在します。その真実とは

高性能のマットレス「モットン」ですが、口コミやレビューなどでも低評価な悪評が存在します。実際のところどうなのでしょうか?

単純にこの悪評だけをみてしまうと不安になり購入しようとしている方も「やっぱりやめとこう」というふうになってしまうかもしれません。

そこで、この悪評からの不安要素が実際にどうなのかみていきましょう。

1. 腰痛が改善されなかった

口コミの中では、

・私には合わなかった

・腰痛が治らなかった

・寝心地はいいが、腰痛が治るとまではいかなかった

などの腰痛に関する評価が最も多いようです。

実は、「モットン」は腰痛改善に特化しているマットレスですが、すぐに腰痛改善効果が得られるというわけではありません。即効性を期待するのであれば、効果がなかった!と思ってしまうでしょう。
実際の問い合わせメールの返答でもこのような内容となっています。


実は、当店がお客様に90日間の使用をお願いしているのには、
理由があります。
それは、モットンの効果を実感するまでに個人差がある為です。
歪んだ骨格や筋肉は、モットンを使って毎日少しずつ改善して頂く必要があります。
特に、長年蓄積された慢性的な体の癖はすぐには取れません。
効果を感じられるまでに、平均で2週間、遅い人の場合、
3ヶ月近くかかるので、まずは、しばらく使ってみてくださいという意味で90日間なのです。
また、使い始めなど、寝返りの際に、腰痛の痛みで目覚める事もございますが、”身体の歪み”を矯正しようとしている反応ですので、引き続きご使用頂く事をお勧めします。
また、返金保証に関して、保証期間外に返品される方が、
ご返品の際は、こちらのメールを必ず読んでからご返品を頂ければ幸いです。
(モットン注文後のメールより引用)


「モットン」のお客様満足度は100%ではなく94.2%です。つまり5.8%の方は満足できなかったという評価をされているのです。その中に、即効性を期待して90日使用せずに腰痛改善の効果がなかったと低評価を下した方もいるのです

製造側も腰痛の原理や原因をしっかり研究した上で提供していますので、このことはしっかり理解しておきましょう。

2. 製造が中国製で心配

「モットン」は、maid in China
と記載されています。中国製は何かと問題が多かったりするものですから、品質面に関して心配になった方もいるのでしょう。

しかし現在では中国製=質が悪いというわけではありませんので心配はいりません。

「モットン」は全額返金保証が付いています。もし品質が悪かったら、返品を求める声で溢れかえったり、否定的な口コミや評判意見ばかりが書き込まれるでしょう。しかし、実際は「モットン」で腰痛が改善した、寝心地が良いなど肯定的な評価が多数あります。
実際に使用しても、中国製とか日本製という違いを感じることは全くありません。

あの高級ブランド品も中国製

実は、日本でも人気のルイヴィトングッチプラダコーチなどの多くの高級ブランドが実は中国の工場で製品を作っているそうです
確かに中国製には質の悪いものがありますが、海外への輸出品を作る工場、高級ブランド品を製造する様な工場では、非常に高い技術力があるのです。
当然、「モットン」は技術の高い一部の工場で、何年も研究され、今の商品になっているので、今のモットンを購入するなら中国製というデメリットはありません。逆に製造コストを抑えられるので、低価格というメリットしか無いのです。

3. 手入れに少し手間がかかる

口コミでは、

・重たい

・手入れが面倒

というような評価があります。

たしかに、カバーは取り外し可能で洗濯できるのですが、ウレタンフォーム自体は洗ったり直射日光が当てられないため、毎度立て掛け、直射日光が当たらない風通しが良いところ置く必要があります。また、重量が10kg前後もあり重たいので、少々移動させるのが大変かもしれません。

しかし、普通の敷布団などでも10kgを越すものはけっこうありますし、手入れも布団をベランダに干すのと労力は変わらない、もしくは「モットン」は立て掛けるだけなので重い布団を干すより楽な面もあるかもしれません。実際に使っていても、労力がかかるようになったとは感じにくいです。

むしろ耐久性に優れているので、長持ちさせるためにわざわざ裏表を定期的にひっくり返しながら使ったりするようなことも基本的にする必要はありませんので、手入れは一般的なマットレスに比べ楽な部類に入るはずです。

これらの悪評は、全体的に「モットン」を短い期間でしか使用せずに評価されている傾向にあるようです。

とりあえずは90日使用してみましょう。

「モットン」は、全額返金保証もついています。これは、商品に対する自信の表れです。

もし、それでも本当に合わなければ返品すればいいのです。

返品についての詳細はこちら

ぜひ参考にしてみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です