「モットン」裏表の両面使った方がいい?

マットレスやスプリングベッドで寝る際、できるだけ長持ちさせるために、定期的にに裏表をひっくり返して使っている方もいるかと思います。
「モットン」も同じように裏表を交互に使った方がいいのでしょうか?

一般的に、裏表の両面が同じ造りになっているマットレスやベッドは、両面交互に使った方が長持ちします。両面使って同じ面に圧がかかり過ぎないようにするとヘタりにくくなるからです。

「モットン」も両面が全く同じ造りになっていますので、裏表をひっくり返して使うことができます。同じように両面使っていくと長持ちするのか、気になるところだと思います。

基本的に「モットン」は両面使う必要はない

「モットン」は非常に耐久性に優れています。
1分間に60回厚みが半分になるように圧迫する耐久試験を8万回も行った結果、木綿や低反発ウレタン等その他の素材では歪み率がおよそ30〜40%と3分の1以上も歪んだのに対し「モットン」の歪み率は4%未満と圧倒的な結果を打ち立てました。

つまり、1日の適正な寝返り回数が20回程度ということを考えると1年間で7300回(20×365=7300)ですから、単純計算で約11年は片面のまま使っても4%も歪まないので、基本的にはわざわざこまめにひっくり返して両面使う必要はありません。

これは、「モットン」使う上での大きなメリットの1つと言えます。

めんどくさがりの方や高齢でひっくり返すのが困難な方でも10年以上は性能を落とすことなく使用できるのは助かりますね。

裏表をローテーションさせるとさらに長持ち

「モットン」を最大限長持ちさせる方法としては、

2週間に1度程度、裏表、上下でローテーションさせて使うとさらに長持ちさせることができます。

公式サイトでもこのローテーションは長持ちさせる方法として表記されていますので、実践されると間違いないでしょう。

ただ、私もそうなのですが実際にローテーションを実践してみると、「次は裏にするんだっけ?上下入れ替えるんだっけ?」というようにローテーションさせる順番を忘れてしまうことが多々あります。

これは他のサイトさんからの引用なのですが、

図のように、両面に数字を書いておいて、この数字が左上に来るように順番にローテーションさせると次にどの向きなのかを忘れずにすみますのでオススメです。

いかがでしょうか?とにかく「モットン」は耐久性も売りなので、一般のマットレスよりはメンテナンスも楽だと思います。

性能をより長く保つなら「モットン」を置くベッドフレームと除湿シートも考慮しよう

マットレスの性能を落とさずに長持ちさせる方法はローテーションだけではありません。

マットレスに発生しやすいカビやダニの対策もしっかりする必要があります。

カビやダニが発生し活発になる条件は、湿気温度です。

比較的温暖で、多湿な日本においてはこの湿気と温度の対策は是非やっていただきたいところです。

おすすめのベッドフレームはすのこ

「モットン」の土台としてのベッドフレームでおすすめなのはダントツですのこタイプです。

「モットン」は湿気が上から下に流れやすいという通気性の良さが逆に欠点となることがあります。「モットン」の下に何も敷かなかったり、隙間のない一般的なベッドフレームを使用すると上から下に流れた湿気が底面に溜まりカビの原因となってしまいます。

すのこタイプのベッドフレームなら、隙間があり上から下に流れた湿気の逃げ道がしっかり確保されるので蒸れることなくカビも発生しにくくなるのです。ダニも同じことが言えます。
正しいすのこベッドの選び方はこちら

専用の除湿シートもおすすめ

「モットン」には専用のモットン除湿シートがあります。


【モットン除湿シート】はコチラ
この除湿シートを使うだけで、先程述べた底面に溜まりやすい湿気を確実に吸い取ってくれるので、こちらもカビ、ダニ対策にもってこいなのです。

ローテーションに加え、すのこベッドフレームとモットン除湿シートを使うとさらに長く「モットン」使用することができるでしょう。

是非参考にされてみて下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です