「13層やすらぎマットレス」を選べば間違いない?口コミや「雲のやすらぎ」との違いを元に調べてみました

「13層やすらぎマットレス」は、口コミでも多数の高評価を受けている高性能敷布団「雲のやすらぎ」の上位互換とも言える、さらに上の存在の高性能マットレスです。

「13層やすらぎマットレス」は「雲のやすらぎ」と同じ会社で造られている、口コミ等でもかなりの高評価を得ている寝心地も腰痛改善効果も「雲のやすらぎ」のさら に上をいく進化系のようなマットレスです。

詳しくはこちら

じゃあ「13層やすらぎマットレス」を選べばいい。と思うかもしれませんが、決してそうとも限りません。

確かに場所や金銭的にも余裕があるのであれば、その選択は間違いないでしょう。

しかしながら、購入したい方の住まいの環境だったり、好みだったり、お財布のふところ具合によっても選ぶべき品は変わってくると思います。

ということで、同じ製造元である「13層やすらぎマットレス」と、「雲のやすらぎ」はどう違い、どのように選び分ければいいのか、特徴を比較して見ていきたいと思います。

「13層やすらぎマットレス」


 

厚さ  27cm

13層構造

価格  98,000円(シングル)


「雲のやすらぎ(プレミアム)」

厚さ 17cm

層構造

価格  39,800円(シングル)


厚さの違い

「13層やすらぎマットレス」の方が10cmも分厚さがあります。分厚い分、寝心地や包まれる感覚はさらに良くなるでしょう。

構造の違い

名前の通り「13層やすらぎマットレスは13層構造、「雲のやすらぎ」は5層構造となっており、8層も差があります。「13層やすらぎマットレス」の方が層が多く、多数の高性能の素材が密になっており、体圧の分散性、寝返りのしやすさ、通気性等でも当然上回るでしょう。

価格の違い

「雲のやすらぎ」39,800円(シングル)に対して、「13層やすらぎマットレス」は98,000円(シングル)と2倍以上の価格となっています。お求めやすさという面では「雲のやすらぎ」が手が届きやすいですね。

持ち運び、移動の面での違い

「13層やすらぎマットレス」はその重さから毎回立てかけて天日干しにしたり、持ち運んだりということはほぼ無理です。

その点、「雲のやすらぎ」は分厚さはあるものの、畳んだり、持ち運びは可能です。また、ベランダに干したり、壁に立てかけたりすることもでき、メンテナンスがしやすく収納もできるのがメリットです。

結局どちらを選べばいいのか?

性能は「13層やすらぎマットレス」の方が優れていると思われますが、どちらも申し分ないかと思います。2つの明らかな違いとしては、主に敷布団タイプかベッドマットレスタイプかということ、価格が高いか安いか、移動し易いかそうでないかという点でしょう。

これらを踏まえて分かりやすい区別の仕方で言えば、

「雲のやすらぎ」を選ぶ場合


・畳の部屋で布団を敷いて寝たいという方

・金銭的に抑えたい、持ち運びが必要という方

・ワンルームに一人暮らししていて収納する必要があるという方

このような方にオススメです。「13層やすらぎマットレス」と比べ性能が劣ると言っても、寝心地のよさ、体圧分散性、通気性等は普通の布団に比べてもかなりのものがありますので、全然申し分ないかと思います。

「13層やすらぎマットレス」を選ぶ場合


・いつもベッドで寝たいという方

・腰痛がつよく、とにかく寝るのが辛いという方

・金額は惜しまず、より寝心地が良いものがいいという方

このような方にオススメです。

性能に関して言えば、全てが「雲のやすらぎ」を凌駕していると言っていいかと思いますので、こちらを選ぶに越した事はありません。

いかがでしょうか?簡単ですが、参考にされてみるといいかと思います。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です