「マニフレックス」は赤ちゃんでも安心して使用することができます。

「マニフレックス」は、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

赤ちゃんがいるご家庭で、「マニフレックス」を使用する際、赤ちゃんも寝心地のいいマットレスで寝させたいという方もいるでしょう。

そんな方にも、「マニフレックス」は非常にオススメです。

しかし、1つ疑問点。

赤ちゃんのことを考えると、硬い高反発のマットレスよりも、ふわっと柔らかく体を包み込んでくれる低反発のマットレスの方が良いのではないでしょうか?

いいえ、実はそうではないのです。

赤ちゃん用の布団を実際に触ってみて下さい。赤ちゃん用の布団は大人用のものに比べると硬い素材でできているように感じます。実際に硬い素材でできています。これには理由があるのです。

赤ちゃんは成長するつれて「寝返り」という重要なステップをふみます。

これは、赤ちゃんが血液の循環を良くしたり、睡眠のリズムを整えたりする上で、なくてはならない過程で、無意識にできるようになるものです。

柔らか過ぎる低反発のマットレスでは、筋力の少ない赤ちゃんの場合、必要な寝返りがうまく打てず、うつ伏せになったまま突然死するようなリスクも考えられます。

高反発のような硬めのマットレスの方が、寝返りがしやすく、小さな赤ちゃんはうつ伏せの状態からうまく戻りやすくなります。また、高反発ならば硬さがあるため、鼻や口とマットレスの間に隙間ができますので、低反発のマットレスに比べると窒息の可能性も低くなるといえるのです

赤ちゃん専用のマットレスがある

「マニフレックス」では、他のマットレスにはないマニ・ベビーという赤ちゃん専用のサイズも揃えてあります。

詳しくはこちらの下の方に記載してあります。

サイズは、ベビーベッドにすっぽり入る大きさなので、ベッドにそのまま敷くことができます。

床や畳の上に直接敷くこともできますが、寝返りが活発になる頃の赤ちゃんは、縦横無尽にコロコロ転がりますので、安全面も考えるとベビーベッドに敷く方が私はオススメです。

衛生面も安心

マニ・ベビーにも使用されている芯材エリオセルは、水で発泡させた次世代高反発フォームです。その生成過程において、人体や地球環境に有害な物質(クロロフルオロカーボンやフロンなど)を一切使用しておらず、また燃焼させても有毒なガスが発生しないという点から、世界的なエコロジー認定機関である「エコテックス スタンダード100」の認証も取得しているので、赤ちゃんの衛生面も問題なく使用することができるのです。

注意点

マニ・ベビーの芯材エリオセルは、特殊なオープンセル分子構造により、通気性にも優れています

しかし、赤ちゃんのかく汗の量は、大人の比ではありませんので、通気性がいいとは言っても、やはりカビやダニが発生してしまっては体を害する恐れがありますので、除湿シート等での対策しておいた方が良さそうです

※写真は通常のシングルサイズ

残念ながら、「マニフレックス」では、専用の除湿シートがあるのですが、マニベビー専用サイズの除湿シートは揃えてないようなので、シングルサイズをカットして使用するか、セミダブルサイズを半分程度に折ると横が少しはみ出てしまいますが、使えなくわなさそうです。

除湿シートについての詳細はこちら

このように少し工夫をしながら、汗、湿気対策もしておけば完璧でしょう。

公式販売サイトはこちら



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です