私がトゥルースリーパーを選ばなかった理由その②「通気性が悪い」

低反発マットレスで、一度は聞いたことのあるトゥルースリーパーは通販番組などでも販売されているので、非常に寝心地がいいマットレスというイメージがあるかと思います。しかし、実は通気性があまり良くないという欠点があるのを知っていますか?

マットレス業界の中でも圧倒的な知名度を誇るトゥルースリーパーは、優れた点が多数あります。

トゥルースリーパーは、ウルトラヴィスコエラスティックと呼ばれる弾力性に優れた低反発素材が使われています。
この素材は、NASAが宇宙飛行士のために開発した低反発素材にヒントを得て開発された特殊な素材となっています。

これにより、どんな体型の方でもふわっと包み込むように体を沈ませ、バランスよく体圧を分散させるので、常に背骨の位置も正常に保たれ負担が少なくなります。その結果、寝返りが必要ないほどの寝心地の良さが実現したのです。

また、こちらにも記載していますが、種類が豊富で様々な寝心地を選ぶことができます。

価格に関しても、体圧分散性能や寝心地の良さのわりに、ほとんどのモデルがシングルサイズで20,000円〜30,000円と非常にお求めやすい価格となっています。

さらに、この低価格にもかかわらず全商品において60日間の返品保証、1年間の効果保証もついていますので、安心して購入することができるのもメリットの1つです。

私がトゥルースリーパーを選ばなかった理由は「通気性の悪さ」

多数のメリットがあるトゥルースリーパーの低反発素材ですが、実はこの素材は通気性に関して特別な対策はされていないのです。

特に暑い時期になると、低反発特有のふわっと包み込むようにフィットする密着感が熱を閉じ込め蒸れやすくなるのですが、それに加えて使われている素材に通気性がない分放熱や放湿ができないので非常に寝苦しく、睡眠に支障が出てしまう可能性が高くなってしまうのです。

ちなみに、トゥルースリーパーシリーズの中でも、

トゥルースリーパーエクセレント
トゥルースリーパーネオフィール
トゥルースリーパーウェルフィット
トゥルースリーパーセロ

の4点に限っては通気性、通水性が対策がされているので、トゥルースリーパーを購入しようと考えているならば、オーソドックスなトゥルースリーパープレミアムよりもこの4点をオススメします。それぞれの特徴は、こちらにも記載しています。参考にしてみてください。

「モットン」なら通気性、腰痛改善効果も万全

腰痛対策マットレス「モットン」は、発泡する泡の大きさを調整することにより高度な通気性を確保しています。また、汗と空気が上から下へ流れていく最先端の特殊な構造になっているためしっかりとムレを除去することができるのです。

また通気性の他に、腰痛対策においてもトゥルースリーパーより「モットン」の方が優位な点が多くあります。

①寝返りのしやすさ
②耐久性の良さ
③底つき感のない分厚さ
④自分に合った硬さが3種類から選べる
①〜③の詳細はこちら
④の詳細はこちら

トゥルースリーパーの中で、上記の4種類のような通気性の良いモデルももちろん寝心地は素晴らしいものがあります。

しかし、腰痛を改善させるという目的を考えると、通気性もあり、腰痛改善効果がより高い「モットン」の方が私はオススメです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です