私が西川エアーマットレスを選ばなかった理由その①「すぐにへたる」

西川エアーマットレスは、腰痛対策として上位にランキングされる人気のマットレスですが、実は耐久性が低く「すぐにへたる」という声が多数あるのです。実際はどうなのか、詳しく見ていきます。

野球では、メジャーリーグの田中将大投手、サッカーでは、キングカズこと三浦知良選手、ブラジル代表のネイマール選手、ゴルフでは、全米ツアーで活躍中の松山英樹選手などトップ選手が宣伝していることから知名度も非常に高く人気のある高反発マットレスです。

それと同時に、体圧分散性能や反発力に優れ、睡眠時に体をしっかり支えてくれるので体を酷使するスポーツ選手などには特にオススメなマットレスと言えます。

それぞれのモデルで、レギュラータイプと硬めのハードタイプの2種類のどちらかをを選ぶことができるのも特徴の1つです。

また使用目的においても、布団やベッドマットレスの上に敷くベーシックタイプと直接ベッドフレームに置くことができるベッドマットレスタイプの2種類から選ぶこどもできます。

エアー01

西川エアーマットレスシリーズの中で最もスタンダードなモデルです。

表面の約1200個の点が体圧を分散するので、体圧分散能力が高く、ウレタンの通気性を促進する70個の通気孔があり、通気性が良いのが特徴です。

性能の高さもさることながら、価格もシングルで38,000円+税と手の届きやすい価格となっており、非常にコストパフォーマンスの高いモデルと言えます。迷ったら、まずこのモデルを選んでおけば間違いはないでしょう。

エアー01SE(スペシャルエディション)

エアー01の側生地に抗菌加工を施し進化させたモデルで、インターネットでは販売されておらず、店頭販売のみの販売となっています。

価格もノーマルな01と同じです。

エアー03

01同様表面の約1200個の点が体圧を分散するので、このモデルもS1シリーズより体圧分散能力は低いですが、従来の波形凹凸構造に一層プラスされており、より強度と安定感があるのが特徴です。

また、ウレタンに80個のカーブスリットを施すことで、通気性もアップしています。

価格は、シングルで58,000円+税と中間に位置します。

シリーズの中では、通気性が最も高いモデルなので、暑がりの方や汗かきの方などはこのモデルがオススメだと思います。

エアーS1

表面にある約1860個の凹凸がしっかりと体圧を分散し、腰痛の原因となる局所的な血行不良を改善し、筋肉の緊張を緩和します。

3×3個の点の凹凸構造で独立しているブロックが体をを沈み過ぎるのを防いでくれるため寝返りが非常にしやすくなっています。

シリーズの中でもプレミアムモデルなので、シングルで88,000円+税と高めの価格となっていますが、体圧分散性能はシリーズの中で最も高いため、腰痛持ちの方などはこのモデルが私はオススメです。

エアーSX

2018年4月25日から店頭に並んだばかりの最新、最高のマットレスです。

シリーズ史上最多の4層の異なる素材による特殊立体クロススリット構造 となっており、
さらなる高度な体圧分散性と寝姿勢保持性の向上を実現しました。

最上層には、 しなやかな新素材フレスフォーム(R)を採用しており、表面の1680個の点が身体を受け止め体圧を分散します。

さらに70個の通気孔と70本の通気路が通気性を向上させ、 湿気や汗をしっかり発散します。 また、 側地は全面メッシュ生地で通気性を最大限まで向上させています。

価格もシングルで120,000円+税とシリーズ最高級のマットレスです。余裕のある方は、購入されてみてください。

私が西川エアーマットレスを選ばなかった理由は、すぐにへたる

これだけの性能と知名度をほこりながらなぜ私が西川エアーマットレスを選ばなかったのかというと、耐久性が悪くすぐにへたってしまうというところでした。

一般的に西川エアーマットレスの寿命は7〜8年程と言われていますが、実際は1年や3年でへたってしまったという意見がが多いのが事実です。

西川エアーマットレスの特徴として点で支えるため無数の凹凸があります。この凹凸が実は問題で、長時間使い続けているとその凹凸部分に亀裂が入りやすいのです。そうするとそこからへたり、変形し腰痛改善効果などが十分に得られなくなってしまうというわけなのです。

西川エアーマットレスシリーズは決して安いマットレスではありません。できれば長い間使いたいと思うでしょう。しかし、たった数年で効果が薄れてしまっては、損しかありません。

「モットン」や「雲のやすらぎ」は耐久性抜群

同じ腰痛改善効果が期待できるマットレスの中でも常に上位を争う人気のマットレスです。

まず「モットン」は、1分間に60回厚みが半分になるように圧迫する耐久試験を8万回も行った結果、歪み率が4%未満と圧倒的な結果を打ち立てました。つまり10年以上使ってもほぼ歪まないという驚きの耐久性を誇るのです。

雲のやすらぎ」は、中心部に高反発スプリングマットを採用しており、素材は独自開発の高反発ウレタンフォームが使われています。この素材に繰り返し圧迫試験をこちらも8万回行った結果、厚みの低下率はなんと0.1%という驚異的な数値を叩き出しました。こちらも10年以上使用してもほぼ厚みが変わらないということなのです。

寝心地の良さ、体圧分散性能、寝返りのしやすさなどどれにおいても西川エアーマットレスに劣ることもなく、それに加えてこの耐久性なので、私は間違いなくこの2つをオススメします。

では結局「モットン」と「雲のやすらぎ」ではどちらがいいのかというとこちらを参考にされてみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です