レイコップはあくまでもハウスダストを吸い取るためのもの

数年前からダニ対策としての布団クリーナーといえば、かなりの確率で最初に思い浮かぶであろう圧倒的な人気と知名度を誇る「レイコップ」ですが、あくまでもこれは布団のハウスダストを取り除くためのものだと知っていますか?

数年前、某お笑いトーク番組で家電を紹介する回があり、そこで布団クリーナー「レイコップ」は、布団叩き機能でダニやハウスダストを浮き上がらせ、UV(紫外線)照射によりダニを死滅させるとして紹介されたことで一気に注目を浴び、絶大な人気を誇るようになったと言われています。

レイコップでは、ダニを死滅できない?

先程の某番組でUV照射によりダニを死滅させる効果があるとされ、注目されたわけですが、実際それは完全な誤りなのです。

確かに、ダニにUV照射をすると死滅させることは不可能ではありません。
しかし、UV照射でダニを死滅させるにはライトが当たるスポットに約60秒もライトを当て続けなければなりません。つまり布団クリーナーを動かしながら数秒程度UV照射したところでダニが死ぬはずないのです。またUV照射の効果があるのは、直接ライトが当たる布団やマットレスの表面のみで、奥に逃げたダニには全く効果がありません。

もう一つのパワフルたたき機能もダニやゴミを浮かせて取るということですが、ダニは脚で繊維にしがみついていますので、多少振動したくらいでは、表面に出てくることはなく、生きたダニを完全に吸い取ることもできないのです。

レイコップは、あくまでもハウスダストを取り除く専用クリーナー

レイコップの吸引仕事率(吸引の強さ)は65Wだそうです。この数値だけ見ればあまり吸引力があるとは思えません。しかし、吸引力が強すぎると布団を吸いつけすぎるため、効率よくハウスダストを吸い取れません。そのために最適な吸引の強さである65Wにし、布団を押さえつけるのに必要な重量も計算されこのような作りになっているのです。

つまり、吸引力は弱いが、効率良くハウスダストを吸い取る強さに設計され、やや重い重量なども、ハウスダストの除去効率を最大化している要因の一つと言えるのです。

そのため結論として、レイコップは生きたダニを除去するためのものではなく、あくまでもダニの糞や死骸を含むハウスダストを効率良く取り除くための布団クリーナーなのです。

もしダニまでしっかり除去したい!という方は、ちゃんとダニの特性を理解して正しくダニ対策をしましょう。

正しいダニの除去方法はこちら

ダニ・ハウスダストが出にくいマットレスを選ぶと問題は解決

ダニ・ハウスダストによるアレルギーで悩んでいる人は、いかにそれを取り除くかということに執着して布団クリーナー選びに必死になることでしょう。

しかし、そもそもダニ・ハウスダストが出にくい寝具を選びさえすれば一番手っ取り早く悩みを解決できると思いませんか?

ハウスダストが出にくいオススメのマットレス

モットン

雲のやすらぎプレミアム

マニフレックス

この3点は特にオススメで、赤ちゃんでも安心して使用できます。

それぞれ特徴がありますので自分に合いそうなものを検討してみてはいかがでしょうか。是非参考にしてみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です