足のしびれやお尻の痛みが治らないときはここみろ!真の原因とは

どうしても足のしびれが治らない、お尻の痛みが治らないとき、ここを疑ってみたらいかがでしょうか?

現在、足のしびれやお尻の痛みで悩まされている人、非常につらいと思います。

いわゆる坐骨神経痛というやつです。

考えられる原因として代表的なものは、

〈骨・関節由来の症状〉

「腰部脊柱管狭窄症」

:脊柱の中の空洞(脊柱管)を通る脊髄、または背骨と背骨の間から出る神経が、背骨の変形などにより圧迫されしびれや痛みを出す症状です。

「腰椎椎間板ヘルニア」

背骨と背骨を繋ぐ椎間板という軟骨が傷つくことで、その中のゼリー状の物質が傷口から飛び出し、神経を圧迫してしまう症状です。

この2つのような症状があれば、足やお尻にしびれや痛みが強く出ます。ひどければ、感覚麻痺、排尿障害なども出る恐れがあります。

治療としては、ひどい場合は手術となり突出した部分を削ったり、切除したりする必要があります。

〈筋肉由来の症状〉

「梨状筋症候群」

坐骨神経痛を引き起こす代表的なもので、お尻を横に横断するように付いている梨状筋という筋肉の緊張、硬直によりその下を通る坐骨神経が圧迫され、しびれや痛みを出す症状です。

「上殿皮神経障害」

お尻の上の方に痛みが出る場合も、坐骨神経痛と称されることが多いです。症状の名前は聞き慣れない言葉ですが、要するに腰からお尻の上の方にかけて出ている上殿皮神経という神経が、その周囲の腰の筋肉やお尻の筋肉の緊張、硬直によって圧迫されしびれや痛みを出す症状です。

このような症状でも、しびれや痛みが出ます。治療としては、神経を圧迫している筋肉をほぐして柔らかくする必要があります。

ところが、レントゲンやMRIでも、ある程度正常、または腰やお尻の筋肉を整骨院等で定期的にほぐしてもらっているがしびれや痛みがなかなか治らない。というような人が意外と多いのです。

原因となるような場所はしっかりと治療しているのに、なぜしびれや痛みが治らないのだろうと悩まれることでしょう。

足のしびれやお尻の痛みの真の原因とは?

なかなか治らないしびれや痛み真の原因は、「大腰筋」という筋肉が原因であることが、多数あります。

大腰筋とは、お腹の深い部分にあるインナーマッスルで、体幹を安定させる働きがある非常に重要な筋肉です。

足やお尻に症状があるのになんでお腹なの?

と思うかもしれませんが、

実は、図を見ても分かるように、坐骨神経はちょうどこの大腰筋の付け根のところから始まっているのです。

つまり、この大腰筋が緊張し、硬くなると坐骨神経の始まりの部分が圧迫されて、しびれや痛みが出るのです。

坐骨神経の始まりの部分が圧迫されているわけなので、それより下の筋肉をいくらほぐしても治るはずがありませんよね?

この大腰筋をしっかり治療することができれば、なかなか治らない足のしびれやお尻の痛みも改善される可能性は高いです。

もし、同じような症状で悩んでいるのなら、この「大腰筋」にアプローチしてみてはいかがでしょうか?

大腰筋をセルフケアする方法はこちら

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です