【分野別TOP3】優柔不断でも決められる!腰痛マットレスランキング

マットレスを選ぶときの最後の決め手がみつけられない人でも確実に決められる分野別腰痛マットレスランキングTOP3

まずは自分がどの分野を優先してランキングをみるべきかを知っておこう

コスパの良さを優先するべき人とは

出来るだけ安く、出来るだけ性能が良いものがいいと思う人は多いでしょう。中でも、一人暮らしの学生、お小遣い制のサラリーマン、夢を追いかけバイトをしているフリーターなど金銭的にあまり余裕がない人はとくにコスパの良さを優先してランキングを参考にしましょう。

通気性の良さを優先すべき人とは

より腰痛たいさくマットレスに熱がこもる、湿気が溜まり蒸れるという状態になると、寝苦しさが増すのは言うまでもありません。中でも、暑がりの人や汗かきの人はなおさらでしょう。代謝が高い小さな子どももそれに該当すると思います。そのような人は通気性の良さを優先してランキングを見てみましょう。

反発力・耐久性の高さを優先するべき人とは

マットレスは決して安い買い物ではありません。出来るだけ長く使いたいと思う人も多いでしょう。とくに、ガッチリ体型のアスリートやぽっちゃり体型の人は一般的な人よりも体重が重いので、人一倍マットレスに負荷がかかり、ヘタりやすくなってしまいます。そのため、より反発力や耐久性の高いマットレスを選ぶ必要があります。

防ダニ防カビなど安全性を優先するべき人とは

マットレスとダニ・カビは非常に密接な関係にあります。寝具にはダニが住み着きやすい環境が整いやすく、基本的にダニがいないマットレスなんてほぼ存在しません。カビもまた、ダニと繁殖しやすい条件が似ており、手入れを怠るとすぐに増殖してしまいます。そのため、とくにアレルギー体質の人や喘息がある人、免疫の弱い赤ちゃんなどは防ダニ・防カビなどの安全性は最優先に考慮するべきでしょう。

寝心地の良さを優先するべき人とは

マットレスにおいて寝心地の良さは、重要なポイントとなります。とくに仕事が重労働で、出来るだけその日その日の睡眠で疲労回復が求められる人、激しいスポーツをする人などは、寝心地の良さは第1に考えなくてはならない条件と言えるでしょう。

より腰痛対策を優先するべき人とは

今回腰痛に効果があるマットレスという前提でのランキングを作成しているので全て腰痛改善が期待できますが、腰痛の症状が強い人、もしくは重症な腰痛から回復し、絶対に再発させたくないという人は、何よりも腰痛対策に特化したものを優先して選ぶべきです。

腰痛マットレスの基準とは?

今回取り上げるのは「腰痛マットレス」としての分野別ランキングです。

そのため、いくつかの基準を最低限満たしているものを「腰痛マットレス」として記載していきたいと思います。

その基準とは、

①厚さ10cm前後

(マットレスの厚さが最低10cm前後なければ、底つき感が出てしまい腰痛マットレスとしての機能を十分に発揮できないため)

②高反発であること

(腰痛改善の鍵は、血行不良を防ぐために寝返りが十分にできること。低反発では身体が沈み込み過ぎて寝返りがしづらくなるため)

③耐久性が高い

(いくら性能が良くても、短期間しか使用できなければ何度も買い直さなくてはならないため効率がよくないため)

④体圧分散性に優れている

(腰痛改善には、腰に局所的な負荷がかからないことが大前提)

以上の基準を最低限満たしているものとします。

コスパが良い腰痛マットレスTOP3

【第1位】  エムリリーエコヘルスシリーズ三つ折りマットレス9cm



【第2位】  エムリリー優反発シリーズマットレスタイプ11cm


【第3位】 マニフレックスモデル246


通気性が良い腰痛マットレスTOP3

反発力・耐久性が高い腰痛マットレスTOP3

防ダニ・防カビなど安全性の高い腰痛マットレスTOP3

より腰痛改善効果が高いマットレスTOP3


コメント