ニトリNスリープとマニフレックス徹底比較!

テレビCMで有名なニトリのNスリープと多数のプロアスリートが愛用しているマニフレックスではどちらを選びますか?

ニトリは言わずと知れた全国各地に店舗を構える超大手家具メーカーです。Nスリープはそのニトリがオリジナルで開発し、テレビCMなどでもかなり知名度が高くなってきている腰痛に効果があるとされるマットレスです。

一方マニフレックスもまた、サッカー日本代表の香川真司選手や前人未到のオリンピック柔道3連覇を達成した野村忠宏選手など、数多くのトップアスリートが愛用している非常に人気が高い高反発マットレスです。

どちらも高性能なマットレスですが、選ぶ際に迷わないようにどこよりも詳しく徹底比較して、どちらが優れているのか明確にしたいと思います。

1.【種類】

〈ニトリNスリープ〉
ニトリの寝具は、かなりの種類がありますので、以下腰痛に効果があるとされているニトリのオリジナルマットレスであるNスリープシリーズに絞ってみていきます。

〈マニフレックス 〉
マニフレックスは大きく分けて3つの形態があり、それぞれ多数の種類があります。ニトリNスリープより圧倒的に多くの種類がありますので、より細かく個人の目的、好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

詳しくはこちら

2.【サイズ】

〈ニトリNスリープ〉
ニトリNスリープは、シングル、セミダブル、ダブル、クイーンの4種類から選ぶことができます。

〈マニフレックス 〉
マニフレックスはセミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クイーンサイズの5種類から選ぶことができます。

長さは全て195cmです。セミシングルとクイーンサイズを選べる分マニフレックスの方がバリエーションに富んでいます。

3.【価格】

〈ニトリNスリープ〉
全ての種類を比較するのは難しいので、以下モットンと価格が近く、Nスリープの中でも比較的オーソドックスなプレミアムP1-02と比較していきます。

〈マニフレックス〉
マニフレックスも多数の種類があるため、以下最も人気で標準的なモデル246と比較していきます。

価格はシングルサイズで約2,000円、セミダブル、ダブルでは約10,000円以上、クイーンサイズでは3,000円程度の差になりますので、セミダブル、ダブルサイズをお求めの場合は、ニトリNスリープの方がかなりお買い得です。

4.【厚さ】

〈ニトリNスリープ〉

〈マニフレックス 〉

16cm

厚さは、ニトリNスリープか28cmに対して、マニフレックスは16cmですので、2倍近くの差があります。

5.【硬さ】

〈ニトリNスリープ〉

表記なし

〈マニフレックス〉

170N

実は効率の良く腰痛対策をするには、体重に応じて適した硬さ(反発力)があるのです。

目安としては、

45kg以下           100N
46kg〜80kg     140N
81kg以上                 170N

と言われています。

残念ながらニトリNスリープは、硬さが表記されていませんので、どのくらいの硬さなのかがはっきり分かりません。

一方で170Nあるマニフレックスは目安を見ても分かるように、比較的体格のいい男性などに適した硬さであるということが言えるでしょう。

それぞれ体感した感覚からすると、体重が軽めの人はニトリNスリープ重めの人はマニフレックスという感じです。

6.【入手方法】

〈 ニトリNスリープ〉

ネット販売

店舗販売

〈マニフレックス〉

ネット販売

店舗販売

ニトリは全国各地に店舗がある大手家具メーカーなので、ネットだけでなくお近くの店舗で購入でき、実際に寝心地を体感することができるのがメリットです。

一方、マニフレックスもネット販売に加え、全国35の都道府県に約130店舗ものマニランドと呼ばれる認定取扱い店が出店してありますので、実際に自分でいろんな種類のマットレスの寝心地を試すことができます。また、そこには特別研修プログラムを修了した、製品説明及びカウンセリングの出来る専門スタッフ「マスター販売員」が常駐していますので的確なアドバイス受けることができ、より納得して購入することができます。

詳しくはこちらをご覧ください

どちらも店頭での寝心地を体感できますが、マニフレックスの方が手厚いサービス、アドバイスを受けられる分納得しやすいと思います。

7.【品質保証と返品保証】

〈ニトリNスリープ〉

品質保証 30年 &  5年

〈マニフレックス〉

品質保証12年

返品保証なし

ニトリNスリープは、芯材のコイルの不具合に関してのみ30年もの保証が付いています。また、それ以外の不具合、損傷に関しても5年の品質保証が付いているので非常に手厚い保証と言えます。また、商品到着後14日以内であれば返品も可能てす。

一方、マニフレックスは品質保証が12年もついています。これはあくまでも芯材の変形したときに対する保証ですので注意が必要ですが、12年という年数は品質に自信がある証拠でしょう。

どちらも保証は優れていますが、総合的にみるとニトリの方が一枚上手のようです。

8.【耐久性】

〈ニトリNスリープ〉

3〜5年程度

〈マニフレックス 〉

10年以上

ニトリNスリープは、CMなどでも分かるように耐久試験がしっかりされています。しかし、耐久試験後の結果の明確な証明、表記がないため信憑性に欠ける部分があります。口コミなどを見る限り長い場合で5年、短い場合で2程度でヘタってしまったという声もあります。だいたい3〜5年程度の耐用年数と思って良さそうです。

一方マニフレックスは、ドイツの工業規格LGA-GERMANYの認定も受けています。
厚みが半分に圧縮されるようにプレスし、その工程を8万回繰り返した結果、厚みの低下率が2.5%(LGA基準の5%以下)、弾性の低下率9%以下(LGA基準の30%以下)という驚きの結果を出しています。上と同じ計算をすると10年以上使っても2.5%も凹まないことになるのです。

以上のことから耐久性に関しては、マニフレックスの方が優秀なようです。

9.【通気性】

〈 ニトリNスリープ〉
残念ながら通気性に優れているという表記はなく、逆に口コミ等でも「熱がこもって暑い」という意見がちらほら見られます。

〈マニフレックス〉
芯材エリオセルはオープンセル分子構造という特殊な構造のため、空気や水を呼吸するよう吸収してくれるため、睡眠時の汗を吸ってそれを発散させてくれます。

通気性はマニフレックスの方が断然優れていると言えるでしょう。

10.【カビ対策】

〈ニトリNスリープ〉
項目9で述べたように、ニトリNスリープは通気性がいいとは言えないため、ベッドフレームをすのこタイプにしたり、除湿シートを敷くなどして対策をとる必要があります。

〈マニフレックス 〉
こちらも通気性は優れていますが、何もせず放っておくと湿気が床との接地面に溜まってしまいカビが生えることもあります。また、芯材のエリオセルは洗うことができないので、こまめに風通しの良いところに立て掛けたり、専用の除湿シートマニシート・ネオ」を使用したりしてカビ対策をする必要があります。詳しくはこちら

11.【ダニ対策】

〈ニトリNスリープ〉
ニトリNスリープは抗菌防臭、防ダニ加工が施されていますので、ダニは発生しにくくなっています。しかし、通気性が悪いということは、ダニの発生条件の1つである湿気がこもってしまうということなので、カビ対策同様湿気を出来るだけ取り除けるように心掛ける必要があります。

〈マニフレックス
マニフレックスも、外部会社のバイエル社にて「アクチガード加工」を側地素材に施していますので、公的に認められたダニ防止、抗アレルギー加工品です。これは通常のマットレスであまりみられません。

また、芯材のエリオセルは

というように耐熱性に優れ、布団乾燥機の熱にも耐えるられるので、ダニを完全に死滅させることができるのです。

効果的なダニの除去方法はこちら

12.【手入れのしやすさ】

〈ニトリNスリープ〉
ニトリNスリープはベッドマットレスタイプで、厚さも28cm重さもシングルで30Kg以上もあるので、洗うということは不可能です。そのため、マットレスが汚れた際は手間がかかります。
マットレスの正しい汚れの取り方はこちら

〈マニフレックス〉
芯材のエリオセルは丸洗いはできません。そのためウレタン自体が汚れた際は非常に手間がかかります。また、洗濯ができない分、除湿シートやすのこを下に敷いたり、週に一回程度は風通しの良いところに立て掛ける必要があるので、こちらもお手軽に手入れができるかというとそうでもなさそうです。

どちらもそれなりに手間がかかりますので、互角と思って良いでしょう。

13.【寝心地】

〈ニトリNスリープ〉
ニトリNスリープは、ポケットコイルの2層構造となっており、よりフィット感とサポート力が高くなっています。また、それを覆う詰め物にソフトウレタンと波型ウレタンを組み合わせていますので、柔らかく心地良い肌触りとなっています。さらに28cmという圧倒的な厚みでしっかりと体を包み込むので非常に寝心地は良いかと思います。

〈マニフレックス〉
マニフレックスも、16cmの厚さがあり、生地にもこだわっています

ので肌触りもよく非常に寝心地はいいです。ただ170Nという高い反発力のため、体格の良いアスリートや体重が重めの人にとっては非常に寝心地がいいのですが、体重が軽い人にとってはやや硬く感じることがあるかもしれません。

14.【収納・持ち運びのしやすさ】

〈ニトリNスリープ〉
ニトリNスリープは、ベッドマットレスタイプで厚みは28cm、重さも30Kg以上もあるので、持ち運びや収納はまずできません

〈マニフレックス 〉
今回のマニフレックスのモデル246も、ベッドマットレス専用なので非常に重く、シングルでも12Kgもの重さがあります。そのため収納はもちろん持ち運ぶということも困難です。たまに湿気対策として立て掛ける程度となるでしょう。

どちらも持ち運びや収納という点では困難ですが、もし移動させる場合はマニフレックスの方が厚さも重さもニトリNスリープに比べ半分程度なので、楽かもしれません。

15.【使い勝手】

〈ニトリNスリープ〉
ニトリNスリープは、ベッドマットレスとしてしか使えません

〈マニフレックス〉
マニフレックスのモデル246も同じくベッドマットレス専用なので使い勝手がいいとは言えません

16.【腰痛対策】

〈ニトリNスリープ〉

・常に楽な姿勢を保つ2層のポケットコイル

ニトリNスリープは、一面繋がっているボンネルコイルではなく、1つ1つが独立したポケットコイルが採用されています。

これにより、どんな姿勢で寝ても負荷がかかったところのみが沈むようになっているので効率よく体圧を分散させることができるのです。

また、2種類のコイルの2層構造になっているため、上段のコイルで柔らかく体圧分散し、下層のコイルでしっかり体を支えて体が沈み込みすぎないように支えてくれるので寝返りも打ちやすくなっています。

〈マニフレックス〉

・高い反発力による寝返りのしやすさ

芯材エリオセルの高い反発力により寝返りをしてもすぐに押し上げる力が働くので、非常に寝返りがしやすく腰への正常な血流の維持にもつながります。

・体圧分散も優れている

芯材エリオセルは全身の体圧をバランスよく分散させて押し上げ、背骨や腰部のカーブに自然に合わさるようになっています。図を見てもニトリNスリープに劣らず、しっかり体圧を分散しているのがわかります。

どちらも腰痛対策には良さそうに感じますが、決定的な違いがあります。

硬さ(反発力)の違い
項目5でも述べていますが、腰痛を改善させるには自分の体重に最も適した硬さ(反発力)のマットレスを選ばなければなりません。ニトリNスリープはこの硬さの表記が明確に示されていません。そのため、Nスリープがどのぐらいの体重に適しているのかがわからないので、的確に腰痛対策がしづらいのです。しかし、寝てみた感覚としては、柔らかい割にある程度の反発力も感じるので、万人受けする硬さと言えるかもしれません。

一方で、マニフレックスは反発力が170Nと明確なので体重が80Kg以上の人には非常に適した硬さとなります。そのため体重が軽めの人たちにとっては反発力が強すぎて、身体が沈まず体圧の分散がしづらくなってしまうことがあるかもしれません。

以上の点から腰痛対策に関しては、使用する人の体格によってそれぞれどちらが適応するかが変わるので、しっかり自分の体格を把握してどちらが自分に合っているか判断する必要があります。

《まとめ》

○の数は4対8でマニフレックスに軍配が上がりました。

詳しく○の内容を見てみると、

寝心地に関してはニトリNスリープが上回っているようです。

しかし、耐久性、品質の維持などに関してはマニフレックスの方が断然が優れていることがわかります。

ようするに、体重が軽めの人、もしくは寝心地を優先するならニトリNスリープ

体格がいい人もしくはより長くマットレスの状態を維持したいならマニフレックスを選んだ方がいいということになります。

もし、漠然と悩んでいた場合、総合的に上回っているマニフレックスを選ぶと良いかもしれません。

これはあくまでも私個人の意見ですが、参考になれば幸いです。



 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です