「モットン」は暑い?理由とその対策。

「モットン」の口コミで、夏場が非常に暑いと感じるという内容をよく目にします。それはなぜでしょうか?

「モットン」は腰痛改善効果が高いとされる腰痛対策マットレスです。

詳しくはこちら

さすがに買って初日から腰が治ったということはないですが、非常に寝心地が良く、日にちを重ねる毎に

・腰が楽になってきた

・起床時に体を動かしやすくなった

・腰を痛めにくくなった

など効果を実感している声が口コミでも多く見られます。

しかし、冬や春の時期に購入したときは快適に寝れていたのに、

・夏場になったら暑くて寝苦しい

・熱がこもる気がする

など、季節のせいなのか、それともモットン自体に問題があるのか、非常に暑さを感じるという声も多くみられるのも事実です。

「モットン」が暑さを感じる理由とは?

考えるられる理由としては、「モットン」の体圧分散性が高いからという可能性があります。

どういうことかというと、

「モットン」は体圧分散性に優れているため、体圧が大きいお尻の部分は深く沈み込み、その他の体圧が小さい部分は浅く沈み込むようになっているので、

このように肩から足まで全身がマットレスの面にピタッと密着するようなかたちになります。

寝返りが打ちやすく腰にはこの体圧分散性は非常に良い効果をもたらすのですが、このようにマットレスとの間に隙間ができずに熱がこもってしまうと暑く感じてしまう恐れがあるのです。

「モットン」に限って暑く感じるのか?

では、モットンだから暑く感じてしまうのでしょうか?

そんなことはありません。

むしろ、「モットン」のような高反発マットレスとテンピュール、トゥルースリーパーのような低反発マットレスを比べてみると、

・低反発マットレスの方が暑く感じる

という意見の方が多く見受けられました。

低反発マットレスの方が寝たときに体が沈み込む度合いも大きく、包み込まれるようなかたちになるため、より熱がこもり暑く感じるのでしょう。

また、低反発マットレスのウレタンフォームは通気性、通水性が良くないものが多く、睡眠中の汗が発散しづらく蒸れてしまうのも原因の1つでしょう。

つまり、「モットン」の高反発ウレタンフォームは夏場に暑く感じるといっても、通気性、通水性に優れ、体も沈み込みすぎないため、低反発マットレスに比べると暑さを感じる度合はさほど高くはないということが言えるのです。

それでも暑いという方のために

やっぱり暑いものは暑い!という方のために、対策していただきたいと思います。

①直接フローリングに敷く方はすのこを下に敷く

睡眠時に熱がこもるように感じるのは、フローリングだと熱や湿気の逃げ道がなくなってしまい、マットレスとの接地面に熱や湿気が溜まってしまうからなので、下にすのこを敷いて熱や湿気の逃げ道を作ってあげることでこもりくくすることかできるのです。

 

②除湿シートを敷く

除湿シートをマットレスの下に敷くことで①と同様に溜まりがちな熱や湿気を取り除いてくれるので常にサラサラな感触を体感することができます。

除湿シートについて詳しくはこちら

このように夏場は工夫をして寝るようにすると問題なく過ごせるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です