「雲のやすらぎ」は手入れや使い方でかなり長持ちします。

「雲のやすらぎ」は、手入れや使い方次第でもっと長持ちします。長く、そして最大限に寝心地の良さや腰痛改善効果を維持し続けるその正しい使い方とは…

マットレスの購入というのは、やはり比較的大きな買い物ですので、できるだけ長く使いたいと思われる方もいるかと思います。

そこでできるだけ長く使い続ける方法を考えていきます。そんなに難しいことは1つもありません。

1.「雲のやすらぎ」自体を直接ベッドフレームの上に敷き使用する

「雲のやすらぎ」は、厚さが17cmもあり、単体で床や畳に直接敷いても十分底付き感なく使用できます。
また、現在使用中のベッドマットレスの上に敷いて使用することもできますので、いろんなパターンで寝ることができます。

しかし、床の上やベッドマットレスの上に直に敷くと、滑ってマットレスが安定しにくかったり、ムレやすく、へたりが早かったりする可能性がありますのであまりオススメはしていません。

そこで1番オススメするのは直接ベッドフレームの上に敷いて使用することです。中でもすのこタイプは通気性もよく、メンテナンスがしやすいので特にオススメです。

詳しくはこちら

2.除湿シートを使用する

すのこは非常に通気性に優れ、非常に使い勝手がいいのですが、すのこは木なので湿気を吸ってしまった場合、放湿が優れているわけではないので、カビてしまいやすいという欠点があります。その欠点をカバーすべく吸放湿性に優れた除湿シートを使用するとさらに長持ちさせることができるのです。

使い方は、「雲のやすらぎ」とベッドフレームの間にモットン除湿シートを敷くのみです。これだけでじゃんじゃん汗や湿気を吸い取ってくれますのですのこがカビにくくなります。

ちなみに、オススメはベッドフレームを使用することですが、ベッドフレームが無く床や畳で寝ている、または現在使用しているマットレスをまだ捨てたくないという方も除湿シートをするとかなり長持ちさせることができますので試してみましょう。

腰痛対策としてライバルのような存在の「モットン」というマットレスがありますが、その「モットン」専用の除湿シートはオススメです。

モットン除湿シートの詳細はこちら

3.定期的に干す、もしくは風通しや日当たりの良い部屋の中に立て掛ける

すのこベッドフレームや除湿シートを使用するとあまり干さなくても、カビにくいですが、やはり一般的な布団と同じように定期的にベランダに干してあげると万全です。干すのが大変という方は、風通しや日当たりの良い部屋の中に立て掛けるだけでも十分です。

4.定期的に裏表をひっくり返す

一般的に、裏表の両面が同じような造りになっているマットレスは、両面交互に使った方が長持ちします。両面使って同じ面に圧がかかり過ぎないようにするとヘタりにくくなるからです。

「雲のやすらぎ」はどうかというと、基本的にはひっくり返す必要はあまりありません。というのも、「雲のやすらぎ」はリニューアルして非常に耐久性が改善されたからです。

日本の第三者検査機関においての、8万回に及ぶ繰り返し圧迫試験で、厚みの低下率が0.1%という驚異の結果を打ち立てました。

つまり、1日の適正な寝返り回数が20回程度ということを考えると1年間で7300回(20回×365日=7300回)ですから、約11年は片面のまま使っても0.1%しか厚みが低下しない(7300回×11年=80300回)という計算になりますので、基本的にはわざわざこまめにひっくり返して両面使う必要はなくなりました。

もともと「雲のやすらぎ」は耐久性がやや乏しく、寿命が3年程度しかなかったため、この耐久性の改善は懸念されていたデメリットが1つ解消されたと言えます。

めんどくさがりの方や高齢でひっくり返すのが困難な方でも10年以上は性能を落とすことなく使用できるのは魅力的です。

ただ、「雲のやすらぎ」は、両面が違う造りになっていますが、裏表をひっくり返して使うことができますので、裏表でローテーションさせて使うとさらに長持ちさせることができます

公式サイトでもこのローテーションは長持ちさせる方法として表記されていますので、実践されると間違いないでしょう。

人は年齢を重ねるごとに誰でも、筋肉の衰えや弾力性の低下が起き、腰痛を引き起こしやすくなっていくものです。
そこで痛みを出にくくするには、やはり睡眠時にいかに負担を少なくリラックスして休養できるかということは非常に大きな要素になるでしょう。

できるだけ長く、快適な睡眠を維持させるために「雲のやすらぎ」は非常にオススメです。ぜひ、長持ちさせる方法を参考にしてみて下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です