私がエアウィーブを選ばなかった理由その①「寒さ」

「エアウィーブ」は寒いという意見、評価をよく目にします。実際のところどうなのか詳しくみていきましょう。

腰痛持ちの方が選ぶべきマットレスの中で、常に上位にランク付けされるマットレスの1つに「エアウィーブ」があげられます。

「エアウィーブ」が腰痛持ちの方にオススメな理由とは?

1.寝返りしやすい復元性の高さ

起床時の腰痛の原因として、寝返りが少ないことがあげられます。寝返りが減少すると、体が接している面の血流が滞ってしまい、その筋肉を硬くしてしまうからです。

エアウィーブは復元性の高いairfiber(エアファイバー)が芯材として使用されています。

復元性が高いというのはどういうことかというと、素材を指でぐっと押してみると、しなやかに形が変わりますが、指を離した途端、離れて行く指に追いつくような素早さで元の形に戻るというようなイメージです。

グラフでも分かるように、エアウィーブは体重に比例して反発力が大きくなっていきます。
つまり、復元性が高いエアウィーヴの上で寝返りを打てば、あなたが動きたい方向に、芯材airfiberが適度な反発力で身体を押し上げてくれるので、寝返りが非常に楽になるのです。

2.優れた体圧分散性

通常、一般的なマットレスで寝ると重心の大きい肩周りや腰周りに圧力がかかってしまい、長時間その状態が続くと負担が大きくなり肩コリや腰痛の原因となります。

図から、寝たときの頭、肩、腰、脚への圧力の偏りが、エアウィーヴを使うことで解消されていることが分かるでしょう。芯材airfiberが、あらゆる方向から体を支えるため、均等に体圧を分散してくれているのです。

3.通気性が抜群

airfiberは極細の繊維状の樹脂を編むような製法でつくられており、抜群の通気性を生み出しました。

図からも分かるように、時間が経過しても部屋の湿度とほぼ変わらない数値を保つことが実証されたのです。

これらの性能により腰痛持ちの方でも快適に眠ることができるのです。

 

腰痛持ちの私がエアウィーブを選ぶに至らなかった理由は「寒さ」

腰痛持ちの私はマットレス選びにエアウィーブももちろん候補の1つでした。
しかし、私がエアウィーブを選ばなかった理由は「寒さ」が決定的な理由の1つでした。

エアウィーブは上記したように通気性が抜群で夏場や梅雨時期でも快適に寝ることができるのですが、通気性が良すぎるが故に冬場でもじゃんじゃん空気を通してしまいます。これでは寒くて当然です。寒さが苦手な私にとってはなおさらでした。

公式サイトでは、冬場でも空気が暖かさを保つということなのですが、実際は

・毛布3枚掛けでも寒い

・熱が逃げてしまいすぐ寒くなる

というような意見が多数あげられているのも確かです。

 

腰痛に「寒さ」は天敵

腰痛がある場合、血行が良くなるように「温める」というのがセオリーです。つまり、睡眠時においても熱をしっかり保ち、できるだけ腰を「温める」ように心がけなければならないのです。

そのため、体圧分散性や通気性が高く最上級の性能と言えども、肝心な「温める」ということが苦手なエアウィーブは、寒い時期は特に腰痛対策が不十分となるのです。

暖かさを求めるなら「雲のやすらぎ」が断然オススメ

エアウィーブと同様に通気性や体圧分散性が優れている腰痛対策となり得るマットレスの中で、「雲のやすらぎ」は冬場の寒さ対策も充実しています 。

「雲のやすらぎ」は、春夏用の面と秋冬用の面のリバーシブル構造となっています。

とくに秋冬用の面は贅沢羊毛のロレーヌダウンを採用しており、中でも極上の部位だけを使用しています。これにより、秋冬の寒い時期でも常に温かさを保ちしっかりと腰を温めることができるので、冬場でも寒さとは無縁なのです。

「雲のやすらぎ」の詳細はこちら

暑がりもしくは汗かきで、寒さが気にならないという方は、通気性に特化したこのエアウィーブは非常にオススメです。

しかし私は、同じように体圧分散などの性能も優れ、寒さ対策もできるなら「エアウィーブ」よりも「雲のやすらぎ」を選ぶべきだと思います。

参考になれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です