ハウスダストの除去で活躍するのはサイクロン式?それとも紙パック式?

寝具のハウスダストの除去といえば、ダイソンでおなじみのサイクロン式が吸引力も強く優秀なため、そちらを選ぶべきだと思っていませんか?事実はそうとは限りません。

サイクロン式の吸引力が強いというイメージは間違い

そもそもサイクロン式の掃除機の吸引力が強いというのは、完全に誤解です。

おそらくサイクロン式の代表であるダイソンのキャッチコピーである

他のどの掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります」

というフレーズが誤解を招いているのでしょう。

このフレーズの意味とは、吸引力はそれほど強くないが、掃除機(布団クリーナー)のヘッド部分の工夫と吸引力が落ちることなく常に一定であるというサイクロン式の特徴により効率よくゴミを吸い取ることができるというものなのです。

吸引力で言えば、従来の紙パック式の方が圧倒的に吸引力が強いという事実を知っている人は少ないでしょう。

必ずしもサイクロン式を選ばないといけないわけではない

掃除機(布団クリーナー)には、先ほど述べたダイソンのようなサイクロン式と従来の掃除機のような紙パック式の2種類があります。サイクロン式にもデメリットはありますし、条件にさえ合えば紙パック式でも全然問題ありません。

サイクロン式と紙パック式の違いを理解しよう

1番の違いは、溜まったゴミを捨てる方法です。

【サイクロン式】

・溜まったゴミをワンタッチで手軽に捨てることができる

【紙パック式】

・紙パックに溜まったゴミをそのまま捨てることができる

それぞれの方式にもメリットとデメリットがある

【サイクロン式】

〈メリット〉

・吸引力が変わらない

・紙パックを購入する手間とコストがかからない

・吸い取ったゴミが見えるので達成感がある

・排気される空気が綺麗

・電気代が安く済む

〈デメリット〉

・ダストボックスに溜まったゴミを毎回捨てなければならない

・溜まったゴミを捨てる際に、ハウスダストが舞ってしまいやすい

・定期的にフィルターの掃除が必要

【紙パック式】

〈メリット〉

・紙パックごとゴミを捨てられるので、ハウスダストも舞いにくい

・紙パックがフィルター替わりとなるので、定期的なフィルター掃除などが不要

・ゴミ捨ての回数が少なくて済む

・吸引力が強い

〈デメリット〉

・紙パックのコストがかかる

・排気される空気がゴミの中を通過するため、臭いや微小な塵が気になる

・電気代が高くつく

・紙パックにゴミが溜まると吸引力が落ちてしまう

布団クリーナー選びのポイント

・とにかく排気が綺麗な方がいいならサイクロン式

・長く使う上でのランニングコスト(紙パック代や電気代)を抑えたいならサイクロン式

・吸引力が落ちるのが嫌ならサイクロン式

・ゴミ捨ての回数が少ない方がいいなら紙パック式

・こまめなフィルターの掃除が面倒なら紙パック式

・溜まったゴミを捨てる際ハウスダストが舞うのが気になるなら紙パック式

このように条件に応じてサイクロン式なのか紙パック式なのかを判断して選ぶと良いでしょう。

ハウスダストが発生しにくいマットレスを選ぶと悩みは軽減

ハウスダストによるアレルギーで悩んでいる人は、いかにそれを取り除くかということに意識がいってしまい布団クリーナー選びに集中しがちです。

しかし、そもそもハウスダストが発生しにくい寝具を選びさえすれば布団クリーナー選びに時間を費やさなくてすむと思いませんか?

ハウスダストが発生しにくいオススメのマットレス

モットン

雲のやすらぎプレミアム

マニフレックス

この3点は特にオススメで、腰痛を改善しつつ、赤ちゃんでも安心して使用することができます。

3種類ともにそれぞれ特徴がありますので自分に合いそうなものを検討してみてはいかがでしょうか。是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です