ボナノッテ VSモットン 選ぶならどっち?

東京西川の高反発マットレスボナノッテを選ぼうとしている人、ちょっと待った!モットンというマットレスを見逃していませんか?

ボナノッテは、ワールドカップで3大会連続でゴールを決めたサッカー日本代表のエースストライカー本田圭佑選手がイメージキャラクターをつとめる高反発マットレスで、東京西川が最高の睡眠や腰痛対策のために長年研究開発した看板商品の1つです。

一方、モットンとは、日本のプロ野球で50歳まで現役で活躍し、数々の記録を残したレジェンド山本昌投手が愛用している腰痛対策マットレスで、ネットのみでしか扱われていないにもかかわらず10万本以上という驚異の売り上げ本数を記録しているトップクラスのマットレスです。

モットンもボナノッテに負けないマットレスということが伝わったでしょうか?これからさらに、この2つの高性能マットレスを細かく比較し、どちらを選べばいいのか明確にしていきます。

1.【種類】

〈ボナノッテ 〉ボナノッテは、三つ折りができる敷き布団タイプと直接ベッドフレームに置いて使用するベッドタイプの2種類から選べぶことができます。

〈モットン 〉
モットン は、種類は無くシンプルにマットレスのみです。

モットンに比べボナノッテ は、2種類があるため、自分の寝る環境に合わせて種類を選ぶことができる点ではメリットかもしれません。

2.【価格】

〈ボナノッテ 〉
三つ折りタイプとベッドマットレスタイプの2種類あるため、以下比較的モットン に近い三つ折りタイプと比較していきます。

〈モットン 〉

価格はシングルサイズで約7,000円ボナノッテの方が安くなっています。単純に価格だけ考えればボナノッテの方が手の届きやすい価格ということがわかります。

3.【サイズ】

〈ボナノッテ 〉
シングル、セミダブル、ダブルサイズの3種類から選ぶことができます。

〈モットン 〉
モットンもシングル、セミダブル、ダブルサイズの3種類から選ぶことができます。

サイズのバリエーションは、ボナノッテ、モットンともに同じです。ただ、ボナノッテの長さは200㎝なので、ややゆったりとしています。

4.【厚さ】

〈ボナノッテ 〉

9cm

〈モットン 〉

10cm

厚さは、ボナノッテ9cmに対して、モットンは10cmです。1cmモットンが厚みがありますが、ほぼ同じと思っていいでしょう。

5.【硬さ】

〈ボナノッテ 〉

122N

〈モットン 〉
100N、140N、170Nの3種類の硬さから選ぶことができます。

実は効率の良く腰痛対策をするには、体重に応じて適した硬さ(反発力)があるのです。

目安としては、

45kg以下           100N
46kg〜80kg     140N
81kg以上                 170N

と言われています。

ボナノッテは122Nという硬さになります。この硬さはやや体重が軽めの人に適した硬さと言えます。

一方モットンは、腰痛対策に適した3種類の硬さから選べぶことができます。そのため体重が軽い人から重い人まで幅広い層の人に対して腰痛対策をすることができるのです。

6.【製造】

〈ボナノッテ 〉

やや不安な中国製

〈モットン 〉

やや不安な中国製

ボナノッテ 、モットン 中国の工場で製造されている中国製です。そのため中国製と聞いて少し安全面に不安を持たれる方もいるでしょう。

7.【入手方法】

〈ボナノッテ 〉

ネット販売

店舗販売

〈モットン 〉

ネット販売のみ

ボナノッテ は、全国各地のイトーヨーカドーで購入可能ですので、お近くの店舗で直接寝てみて実際の感触を確かめてから購入できます。詳しい店舗はこちらより検索されてみてください。

一方、モットンは、ネットでの販売のみとなっていますので、実際に触って確かめるということはできません。

8.【品質保証と返品保証】

〈ボナノッテ 〉

品質保証3年

返品保証なし

〈モットン 〉

購入後90日経過後14日間返品可能
(品質保証も同日数可)

ボナノッテ には3年の品質保証が付いています。しかし、この保証は芯材自体の変形・歪みなどに対する保証で、カビや汚れなどは対象にならないので注意が必要です。

一方モットンは、90日もじっくりと体感した後に返品が可能で、同日数品質保証も付いているので、本当に腰痛に効果があるのか3ヶ月もの間試すことができ、安心かつ納得して購入できるかと思います。

9.【耐久性】

〈ボナノッテ 〉

具体的な記載はない

〈モットン 〉

10年以上

ボナノッテ は、具体的な記載ないですが保証の年数からして、最低3年程度はもつと思われます。

モットンは、8万回もの圧迫試験の結果、歪み率が4%にも満たないという結果を残しています。計算上10年以上使用しても、ほぼ歪まない耐久性を誇るのです。

耐久性に関しては、モットンの方が優秀なようです。

10.【通気性】

〈ボナノッテ 〉

ボナノッテ は東京西川独自の芯材ファインセル(R)を使用しており、立体的な多孔質構造となっているため、他のウレタンと違い非常に通気性に優れています。また、片面にメッシュ生地、もう片面にニット生地とリバーシブル仕様となっていますが、夏場はメッシュ生地の面を使用するとさらに通気性をアップさせることができます。

〈モットン 〉
モットン も湿気を上から下へ流す特殊な構造をした高反発ウレタンフォームを使用しているため通気性はかなり優れています。

通気性はどちらも優れており、互角といったところでしょう。

11.【カビ対策】

〈ボナノッテ 〉
ボナノッテは通気性に優れているので、カビが好む湿気がたまりにくくなっています。しかし、マットレスを敷きっぱなしにしていると底面に湿気がこもってしまいカビが発生しやすくなるので、こまめに立て掛けたりして、湿気を発散させる必要があります。

〈モットン 〉
モットンも通気性は優れていますが、ボナノッテ同様敷きっぱなしにしているとカビが発生しやすくなるので、定期的に風通しの良いところに立て掛ける必要があります。またモットンの場合、専用の除湿シートがありますので、これを使用したりしてカビ対策をする必要はあります。

モットン除湿シートの詳細はこちら

12.【ダニ対策】

〈ボナノッテ 〉
ダニを死滅させるには、湿度を下げることと50℃以上の温度に熱する必要があります。ボナノッテは通気性に優れているので湿気に関しては問題ないでしょう。しかし、熱するという作業がどうなのかが問題です。布団乾燥機等で熱しても問題ないという記載はありませんので、あまり推奨はしていないのでしょう。かといって全くダメとも限りませんので、布団乾燥機を使用する際は自己責任となります。

〈モットン 〉
モットンの芯材も通気性に優れており、ダニが発生しにくくなっています。また、この芯材はダニが好まない素材なのでダニが住み着きにくくなっていますので安心です。仮にダニが発生しても、このモットンは耐熱性に優れ、布団乾燥機で熱しても何の問題もないので、ダニを完全に死滅させることもできます。つまり、ダニ対策としては万全と言えるでしょう。

13.【手入れのしやすさ】

〈ボナノッテ〉
ボナノッテ は専用のカバーは洗濯できます。

また三つ折りタイプは立て掛けもしやすいので、比較手入れはしやすい方だと思います。

しかし、芯材のウレタンは丸洗いはできませんので汚れた際は少し手間がかかります。
マットレスの正しい汚れの取り方はこちら

〈モットン 〉
モットンも同様に専用のカバーは洗濯できます。

しかし、ボナノッテ 同様芯材のウレタンフォーム自体は丸洗いはできませんので、芯材自体が汚れた際は非常に面倒です。また、上から下へ湿気を流して通気性を保つ性質があるため、敷きっぱなしにすると湿気が底面に溜まってしまいカビの原因となるので、専用の除湿シートすのこを下に敷いたり、週に一回程度は風通しの良いところに立て掛ける必要があります。

ボナノッテの方がモットンより重量が小さいため、立て掛け作業はボナノッテ の方が楽にできるでしょう。

14.【寝心地】

〈ボナノッテ 〉
高反発ながら比較的柔らかいため、体重が中程度以上の人は柔らかすぎると感じることもあるかもしれません。

〈モットン 〉
モットンは厚みが10cmあります。身体をしっかり支える機能は十分でしょう。また、それぞれの体重にあった硬さを選べるので、寝心地がいいと感じる人も多いでしょう。

15.【収納・持ち運びのしやすさ】

〈ボナノッテ 〉
ボナノッテ重さもさほど重くなく、三つ折りができるので、簡単に持ち運びも収納も非常にしやすいでしょう。

〈モットン 〉
モットン は厚さが10cmあり、三つ折りは可能ですが、ボナノッテ ほどきっちりと三つ折りにできないので分厚さが出てしまい、かなりスペースをとってしまいます。重さもボナノッテと比べ重いので収納、持ち運びという点ではボナノッテ の方が断然優れているといえるでしょう。

16.【使い勝手】

〈ボナノッテ 〉
今回比較しているボナノッテは敷布団タイプなので、基本的には床や畳の上に直接敷いて使いますが、今使っているベッドマットレスの上に敷いて使用することもできますので使い勝手はいいと思います。

〈モットン 〉
種類はマットレスタイプのみですが、厚さが10cmもあるため、単体で床や畳の上に直接敷くこともできますし、ボナノッテ 同様今使っているベッドマットレスの上に敷くこともできるので、こちらも使い勝手が良いマットレスと言えるでしょう。

17.【腰痛対策】

〈ボナノッテ 〉

・高い体圧分散性能

ボナノッテは芯材に東京西川独自に研究開発した、ファインセルⓇという芯材が使用されており、これは優れたクッション性と復元性を兼ね備えた高反発ウレタンフォームです。

図で見ても分かるように、非常に体圧分散に優れ、腰や背中など沈み込みがある部分にかかる負担を減らすと同時にしっかりと体を支える反発力もあるので、どんな姿勢でも理想的な背骨の形状を保つサポートをしてくれます。

〈モットン 〉

・体圧を分散してくれると同時に、しっかりと身体を支えてくれる

モットン の高反発ウレタンフォームも、体圧分散性に優れ、体圧が大きいお尻まわりが沈み込みすぎるということは全くありません。そのためバランスよく全身を支え、背骨の位置を常に正常に保つことができます。

・寝返りのしやすさ

モットンは適度な反発力により非常に寝返りが打ちやすく、無駄がなく効率のいい寝返りができ、本来すべき適正の回数の寝返りをうつことができます。これにより睡眠時も十分な血流やリンパの流れを正常に保つことができ、血行不良による筋肉の緊張を防ぐことができます。

どちらも腰痛対策には良さそうに感じますが、決定的な違いがいくつかあります。

①三つ折りか否かの違い
ボナノッテの敷布団タイプは、三つ折り仕様になっています。これは、折りたたみもしやすく持ち運ぶ際非常に便利です。しかし、この三つ折りタイプには広げた際折り目によってできた溝ができます。この溝があるところは腰痛効果が手薄になるため、均一に腰痛効果を出しづらい部分があるのです。

②硬さ(反発力)の違い
項目5でも、お伝えしたようにボナノッテ の硬さは122Nです。この硬さは体重の軽い女性や細身の男性に適した硬さなのです。そのため、一般男性や体格の良い人にとっては身体を押し返して支えるはたらきが弱くなり腰が沈み込み過ぎる恐れがあります。そのため腰への負担が大きくなり、寝返りもうちにくくなるので、腰への血流が滞り筋肉の硬直引き起こしやすくなるのです。

一方で、モットンは体格別に対応できるよう3種類の硬さから選ぶことができるのでほとんどの人に腰痛対策ができるのです。

以上の点から腰痛対策に関してはモットン の方が断然優れていると言えるでしょう。

《まとめ》

○の数は7対6でモットンに軍配が上がりました。

かなりの接戦のように見えますが詳しく○の内容を見てみると、

安さ手軽さに関しては、ボナノッテが上回っているようです。

しかし、寝心地、腰痛改善、耐久性、品質の維持などのマットレスに求められる最も重要な内容に関しては断然モットンが優れていることがわかります。

ようするに、安くて、持ち運びしやすい手軽さで、ある程度の寝心地があるものを求めるならボナノッテ で十分だと思います。

ただより長く、上質な寝心地、万全の腰痛対策をしたい方は、間違いなくモットンを選んだ方がいいのです。

もし、漠然と悩んでいるのなら総合的に上回っているモットンを選べば間違いありません。

これはあくまでも私個人の意見ですが、参考になれば幸いです。



 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です