骨盤ベルトで腰痛が悪化?意識するだけで効果が劇変する正しい使い方

コルセット&骨盤ベルト

骨盤ベルトをしているのに腰痛やその他の骨盤由来の痛みが悪化する原因と意識するべき正しい使い方とは

骨盤ベルトは、慢性腰痛の方や妊娠中の恥骨の痛みがある方、産後すぐの骨盤が安定しないママさんなどでも、着用すれば痛みが軽減され、なんとか日常生活でも普通に過ごせるほどにしてくれるので、これらに当てはまる方なら1つは必ず持っておきたい必須アイテムでしょう。

しかし、中には骨盤ベルトをしているにもかかわらず腰痛や骨盤由来の痛みが悪化してしまったという声もよく耳にします。

それはなぜか…

実は、骨盤ベルトはただ巻けばいいいうわけではありません。間違った使い方をしてしまうと、痛みや歪みの改善どころか悪化の道を辿ることになってしまうのです。

骨盤ベルトの間違った使い方

①骨盤ベルトを着用し続ける

骨盤ベルトを着用することで、骨盤の安定性が保たれ腰の負担は間違いなく減ります。しかし、24時間付けっ放しというのはNGです。1つは、骨盤ベルトに頼りすぎると骨盤周囲の筋肉そのものの力が低下してしまうからです。筋力が低下すると自力での骨盤の安定がしづらくなるのでいつまでも骨盤ベルトに頼らなくてはならなくなります。

もう1つは、睡眠時等にベルトの圧迫による血行不良が起きるからです。
様々な動きに対応して骨盤の安定性を出していくには骨盤周囲の筋肉の柔軟性が不可欠となるのですが、血行不良が起きると筋肉が硬くなり可動域も狭くなります。結果歪んだ状態で固まってしまったり、ちょっとした動きですぐ腰痛になったりしてしまうのです。

②合っていないサイズのものを使う

骨盤ベルトは、骨盤をしっかりと引き締め安定させることで効果が発揮されます。サイズが合わずゆるい状態で着用しても何の意味もありません。

③適切でない部位に骨盤ベルトを使用してしまう

骨盤ベルトには様々な種類があり、それぞれ用途が異なります。恥骨のラインや仙骨部のラインなど場合によって巻く場所を変えられるベルトタイプや産後の女性向きなガードルタイプなどもあります。

もし、妊娠中の恥骨に痛みがあった場合に適当に骨盤の上部あたりに巻いてしまったとしたら、本来固定するべき場所ではないため恥骨の痛みは軽減することはないでしょう。

骨盤ベルトの正しい使い方

①就寝時や安静時は外す

骨盤ベルトに過剰に頼ることによる筋力の低下や血行不良を防ぐには、まず家でゆっくりしているときや寝る前には必ず骨盤ベルトを外しておくいうことです。

とくに睡眠時は、1日のうちの3分の1という長い時間であり、最もリラックスして筋肉に柔軟性を持たせて疲れを取り除がなければならない時間です。そのようなときに骨盤をガチッと固めてしまうと筋肉の疲れが取れないだけでなく、血行不良により筋肉が硬直してしまうのは当然です。痛みの改善に不可欠な疲労の回復を促すためにも、睡眠時は必ず骨盤ベルトは外しましょう。

②自分に合った正しいサイズを選ぶ

たとえどんなに高機能で高価な骨盤ベルトだとしても、サイズが合わずゆるゆるだったりきつきつだったりすると宝の持ち腐れと化してしまいます。

どのメーカーで購入する際も必ずサイズと目安の骨盤周囲が記載されています。自分の骨盤周囲のサイズをしっかり把握した上で、必ず目安のサイズを確認するようにしましょう。

③正しい場所に装着する

これが1番重要なポイントです。骨盤ベルトは、痛みの種類に応じて装着すべき場所が変わります。症状によってしっかりと使い分けましょう。

骨盤ベルトは選び方次第で効果劇変! 症状別の正しい選び方
様々な種類がある骨盤ベルトの症状別の選び方とその使用方法

このように、間違った使い方には注意をして、正しく骨盤ベルトを着用すると腰痛や骨盤由来の痛みを和らげる強い味方になるのは間違いありません。

知らないと症状が悪化する?コルセットと骨盤ベルトの違いとは
コルセットと骨盤ベルトのそれぞれの特徴、用途をちゃんと理解して使用していますか?

骨盤ベルトを外しているときの腰や骨盤のケアを忘れずに

骨盤ベルトは正しい使い方①で述べたように、寝るときは血流が滞らないようにできるだけ外さなくてはなりません。しかし、寝具が自分に適していなければ、最も疲労を回復させたい睡眠時に逆に負担をかけてしまう可能性が高くなってしまいます。

これでは、せっかく日中に骨盤ベルトでなんとか痛みをしのいでもそれ以上の改善は望めません。

必ず今使っている寝具を見直し、適切でないと思ったなら、正しい寝具選びにも目を向けてみた方がいいでしょう。

腰痛対策として選ぶべきマットレスは高反発のモットン

実はイメージとは逆に、近年注目されてきている「高反発」のマットレスを選ぶべきなのです。

高反発は、先ほど説明した低反発の腰痛に対するデメリットの逆の作用があるのです。

その中でも、中でもトップクラスの性能を誇るのが、腰痛対策マットレス「モットン」というマットレスです。

主な特徴は、

①体圧を分散してくれると同時に、しっかりと身体を支えてくれる

体圧が大きい肩まわりやお尻まわりが沈み込みすぎるということは全くなく、まんべんなく全身を支えてくれ、背骨の形状を常に正常に保つことができます。包み込まれるという感覚はないものの、硬さを感じることは全くないので、気持ちよく寝ることができます。

②寝返りのしやすさ

寝返りが腰にはすごく重要ということを述べましたが、「モットン」は適度な反発力により非常に寝返りが打ちやすく、無駄がなく効率のいい寝返りができ、本来すべき適正の回数の寝返りをうつことができます。これにより睡眠時も十分な血流やリンパの流れを正常に保つことができます。

③通気性の良さ

すごく通気性がよく、上から下に熱や湿気が流れる特殊な構造となっているため、常にさらさらで気持ちよく寝ることができます。

このような点から、「モットン」を使用することで、しっかりと睡眠時に腰のケアができ、腰痛の根本からの回復を早めることができるのです。

これで朝も楽に起きれる!10万人が選ぶモットンの腰痛改善効果とは
モットンの腰痛改善の秘密とは?「モットン」の最大の効果とは驚きの腰痛改善のがあることです。そのため、ネットだけでの販売にもかかわらず10万枚以上の販売枚数を誇ります。具体的に探っていきます。 睡眠時の寝返りの適正な回数を実現まず、睡眠時から

このように骨盤ベルトとマットレスをうまく使いながら腰痛や骨盤由来の痛みを改善していきましょう。


コメント